Q&A

受講について

受講資格はありますか。

はい、ございます。詳しくは「高齢者体力つくり支援士とは」欄をご参照ください。
該当する資格を取得していなくても受講可能な場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。

受講する方の平均年齢を教えてください。

20代から60代の方まで幅広く受講いただいています。 平均年齢は45歳前後です。

どんな方(職業)が資格を取得していますか

行政の介護福祉に携わっている職員をはじめ、健康・スポーツ関連職に従事している管理職、スポーツインストラクター、保健士、栄養士、看護師、鍼灸師の方も資格を取得しています。

資格を取得したら仕事を紹介してもらえますか。

仕事の斡旋はおこなっておりません。 現在地方自治体では、介護予防運動に詳しい方、経験者等のニーズが高まっています。

費用について

全部で費用はいくらかかりますか。

受講費用はコース選択によって下記のように異なります。
「マスター連続受講コース」86,400円(8%税込)
「マスター分散受講コース」97,200円(8%税込)※最少
「ドクター連続受講コース」77,490円(8%税込)
また、資格検定試験に合格した方は資格認定費用として
マスター32,400円(8%税込)、ドクター10,800円(8%税込)を別途申し受けます。

クレジットカード払いはできますか。

クレジットカードの取り扱いはございません。

受講するつもりで申込み受講料を支払ったが、急な用事で行けなくなってしまった。

入金後のキャンセルに伴う返金は、原則いたしかねます。
ただし、「連続受講コース」に限り、所定の手続きをした場合2年度以内で1回のみ受講期変更が可能です。
その際には、受講期変更手数料(2,160円(8%税込))を別途申し受けます。

その他について

もし試験に落ちたらどうなりますか。

再検定試験を受講することが可能です。再検定料21,600円(8%税込)がかかります。

更新について教えてください。

有効期限は取得日から向こう4年間です。
更新は、有効期限の1ヶ月前までに、合計8.0単位の単位取得が必要です。

全く泳げないので、アクア講座(プール)が心配です。

アクア講座(プール)では、泳ぐことはありません。
顔を水につけることもございませんので、泳げない方もご安心ください。 水中での運動量は比較的高くありません。
但し、水中では陸上よりも体温を奪われやすいため、水着は保温性の高いものをご用意いただくことをお勧めいたします。

この資格は国家資格ですか。

いいえ、国家資格ではございません。
内閣府所管の公益財団法人体力つくり指導協会が認定する資格です。
現在、すべての運動系資格は国家資格がないのが現状です。

高齢者体力つくり支援士

高齢者体力つくり支援士事務局
(公益財団法人体力つくり指導協会内)
〒136-0072 東京都江東区大島一丁目2番1号 
ザ・ガーデンタワーズ サンライズタワー1F
TEL:03-5858-2100  FAX:03-5858-2121

pagetop